大量生産・大量消費にSTOP!食品廃棄を減らすためにできることは?

いつでもどこでも好きなものが買える時代、そしてその消費を支える大量生産。お店では毎日多くの商品が並べられ、そして捨てられています。家庭でも食べ残しや賞味期限切れなどにより大量の食品が廃棄されています。ヴィーガン子育てプロジェクトでは、地球環境や動物への負荷を減らすため、動物性食品から植物性食品への切り替えを推奨していますが、この「大量生産・大量消費」の在り方を変えない限り、根本的な解決にはつながりません。
今回は、日本の食品廃棄の実態を見ながら、私たち一人ひとりにできることを考えていきたいと思います。

日本の食品廃棄量は一人あたり年間51kg

日本における食品廃棄物は2,842万トン、このうち、まだ食べられるのに廃棄される食品、いわゆる食品ロスは約646万トンにものぼります。(※農林水産省および環境省「平成27(2015)年度推計」)これは、年間1人当たりの食品ロス量は51kg ≒年間の1人当たりの米の消費量(約54kg)に相当します。

食品ロスの内訳を見てみると、事業者から約357万トン、家庭から289万トンが発生したと推計されており、家庭で発生する食品ロスは、主に食べ残し、賞味期限切れによる廃棄(直接廃棄)、皮をむきすぎた野菜など(過剰除去)が挙げられます。

日本の食品廃棄量は一人あたり年間51kg

(※1)食品ロスポータルサイト

ちなみに学校給食の廃棄量は

少し前のデータですが、環境省の調査によると、平成25(2013)年度の児童・生徒1人当たりの食品廃棄物の量は年間で約 17.2kg、また、残食率を把握している全国約3割の市町村での残食率の平均値は6.9%というデータがあります。ただ、牛乳の廃棄量まで把握できている自治体は少ないようなので、実際はもう少し大きい数値ではないかと思います。
(※)「残食率」は、出席した人数分の学校給食の提供量に対する、食べられずに残された給食の量の割合です。

児童・生徒1人当たりの年間の食品廃棄物発生量(平成25年度推計)

児童・生徒1人当たりの年間の食品廃棄物発生量(平成25年度推計)

捨てられた食品はどこへ行くの?

冷蔵庫を片付けよう

環境省は2000年に食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律・食品リサイクル法を制定し、食品廃棄物の発生抑制や再生利用等を目指しています。食品リサイクル法における再生利用は1,426万トンで、内訳は以下の通りです。

ゴミの再利用内訳

① 飼料化

エコフィード
食品残さ等を利用して飼料を製造します。
リキッドフィーディング
食品廃棄物を分解発酵させて液状にしたものを発酵飼料として豚に与える仕組み。

② 肥料化

有機性産業廃棄物を環境に害を及ぼすことなく、安全に土壌還元可能になるまで分解し、肥料として利用します。

③ メタン化

メタン発酵によりバイオガスを生成(メタン化)し、電気・熱にエネルギー利用する。メタン化では、特に肥料化や飼料化に向かない食品廃棄物を活用できます。

食品関連事業者から排出された食品廃棄物はリサイクルが進んでいますが、一般家庭から出される生ゴミのほとんどがリサイクルされずに焼却・埋め立て処分されているのが現状です。

家庭系廃棄物の処理内訳

環境省環境再生・資源循環局総務課リサイクル推進室

食品廃棄の問題点

食べ物を捨てることは食べ物そのものだけではなく、それを生産するためにかかったコストや水などの資源、労力、そして命が無駄になってしまう、ということを意味します。

処理コスト

ごみ処理事業経費(一般廃棄物処理事業のうち、し尿処理事業経費を除く)は年間で約2兆円にものぼり、コンビニやスーパーの売れ残り、飲食店での食べ残しなどの事業系一般廃棄物は税金を使って処理されています。食品廃棄物を減らすことで処理にかかるコストを削減出来ます。

環境への負担

食品廃棄物を処理するためには燃料が使われるため温暖化に寄与する他、食品を生産・加工する過程で大量の水が使われます。廃棄を減らすことで地球温暖化の防止や、水資源の保護に繋がります。

飢餓問題

先進国で食品廃棄が問題になる一方で、世界では、およそ7億9,500万人(9人に1人)が、健康で活動的な生活を送るために必要かつ十分な食糧を得られていないと言われています。日本の食品ロス量は、国連世界食糧計画による食糧援助量(約320トン)の2倍です。

<関連記事>

食品廃棄を減らすには?~世界の取り組み~

世界の食品廃棄減の取り組み

食品廃棄の問題は、日本だけでなく、先進国の多くで問題となっています。各国の取り組み事例を見てみましょう。

日本「3010(さんまるいちまる)運動」

 乾杯後30分間は席を立たずお料理を楽しみましょう
 お開き10分前になったら席に戻ってお料理を楽しみましょう
宴会時に約7皿に1皿相当が食べ残されている状況を受け、長野県松本市でスタートし、福井県、福岡県、静岡県などの自治体に広がっています。
松本市 「残さず食べよう!30・10(さんまる いちまる)運動

日本「フードバンク活動」

約50年前にアメリカで始まり、日本でも広がりを見せ始めています。

認定NPO法人フードバンク山梨

十分に安全に食べられるのに、箱が壊れたり、印字が薄くなったりして、販売できない食品を企業
から寄贈して もらい、必要としている施設や団体に無償で提供する活動を行っています。
認定NPO法人フードバンク山梨

セカンドハーベスト名古屋

企業・個人から食品を引取り、必要とする団体や個人へ届ける2つの活動を行っています。
① 寄付された食品を、野宿生活者を支援する団体や母子生活支援施設、障害者支援施設等、各種福祉施設・団体へ配布する
② 寄付された食品を、突然のケガや病気により働けなくなった方や、地域で孤立し生活に困った個人へ、行政と連携して食品を届ける
セカンドハーベスト名古屋

アメリカ「doggy bag」

外食で食べきれなかった料理を持ち帰るシステムのことで、アメリカで普及しています。日本では、大津市がドギーバッグ使用を推奨していますが、料理の持ち帰りには食中毒のリスクなど、衛生面での問題が壁となり、まだまだ浸透しているとは言えない状況です。
滋賀県大津市 環境部 廃棄物減量推進課

デンマーク「賞味期限切れ食品の専用スーパー!?」

2016年2月22日、首都コペンハーゲンに賞味期限の切れた食品を専門に扱うスーパー「Wefood」がオープンしました。Wefoodで扱う商品は、賞味期限切れ(かつ消費期限内)、傷のある野菜や果物、包装に難のある商品などで、これらを通常の30~50%引きの価格で販売しています。
コペンハーゲン通信PART7

世界初!? 期限切れ食品を扱うデンマークのスーパーが話題に

私たち一人ひとりができること

食品廃棄物を減らすには、食べ残さないのはもちろん、無駄な食品を買わないことや、外食や総菜に頼りすぎず、食べ切れる分だけ手作りするなど、私たち消費者の心がけが大切です。日々、できることはたくさんあります。

◆スーパーの売れ残りコーナーをチェックしよう

売れ残りコーナーには、野菜や果物、加工食品系など、まだ食べられるものが色々置かれています。野菜や果物は確かに新鮮なものの方が美味しいですが、料理の工夫で美味しくなります。また、加工食品系であれば、賞味期限ギリギリでも問題ないものがほとんど。少しでも廃棄を減らすためにも是非チェックをしてみてください。

◆冷蔵庫を整理しよう

「前買ったのを忘れていてまた買ってしまった」なんて経験のある方もいるのではないでしょうか。そして前に買ったものはいつの間にか古くなって使えなくなってしまっていた、ということも。そんなことが起こらないためにも、是非、こまめに冷蔵庫の整理を。探す手間が省け、ストレスがなくなる他、日頃の食事を見直す良い機会になるはずです。

◆調理の方法を工夫しよう

必要以上に皮をむいたり、食べられるところまで切り落としてしまったり、ということが多いようです。皮まで食べられるものはそのまま使うようにすれば調理も簡単。そしてたくさん作ってしまった場合は、冷凍にして保存しておくと便利です。

◆レストランでは食べられる分だけ注文を

大量にお皿に残されたまま帰られる方を時々見かけますが、これは本当にもったいないこと。自分が食べられる分だけ注文し、全て綺麗にしてから帰ることを心がけましょう。食べられる分だけ、ということは子どもたちにも伝えていきましょう。自分で本当にどのぐらい食べられるのだろうと自分に意識を向けるきっかけにもなります。

◆流通の実態を子どもたちにも伝えよう

毎日私たちが食べているものが、食卓に並ぶまで、どのような経路をたどってくるのか、親子で考える時間を作ってみましょう。
こちらの『信じられない「原価」』シリーズは子どもにも分かりやすく書いてあるのでおススメです。
図書館にも置いてあることがありますので、是非チェックしてみてください。将来の仕事のあり方、生き方についても考えるきっかけにもなるのではないでしょうか。

信じられない「原価」 買い物で世界を変えるための本 3食べ物
  • ケイティ・ディッカー, 稲葉 茂勝, こどもくらぶ
  • 価格   ¥ 3,240
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック
信じられない「原価」 買い物で世界を変えるための本 3食べ物

<関連記事>

毎日の選択が子どもたちの未来に繋がっていきます。私たち一人ひとりにできることもたくさんあります。親子で日々の生活を見直しながら、廃棄削減に取り組んでいきましょう。

ヴィーガン子育て編集部

※現在、日本では「VEGAN」を「ヴィ―ガン」「ビーガン」の2通りで表記されていますが、意味は同じです。当サイトでは「ヴィ―ガン」で統一しています。

この記事がお役に立てたら
いいね ! で最新情報を手に入れましょう