ビタミンB12不足が気になったら、ニュートリショナルイーストで栄養補給〜チーズ風味で使い方も色々!〜

ヴィーガン子育てサイトのレシピでも度々登場している「ニュートリショナルイースト」は、ヴィーガンの食生活には欠かすことの出来ない食材です。チーズのような風味、コクのある味わいで、上手に取り入れることで栄養を補えるだけでなく、レシピの幅もグッと広がります。今日は、その栄養面からスタッフ厳選お薦め商品、レシピまでご紹介します。基本をおさえて、ニュートリショナルイーストを使いこなしましょう♪

ニュートリショナルイーストとは?

「イースト」と聞くと、パンを発酵させるイーストを思い浮かべる方も多いと思いますが、イーストとニュートリショナルイーストは全くの別物です。ニュートリショナルイーストは殺菌された糖蜜で発酵させた酵母のことで、パウダーやフレーク状をしており、そのままでも食べることができます。

ビタミンB12欠乏症を防ぐ「ニュートリショナルイースト」の使い方と栄養 ヴィーガン子育て

栄養豊富!不足しがちなビタミンB12も手軽に補える

ニュートリショナルイーストは、ビタミンB群、クロム、セレン、鉄、マグネシウム、亜鉛、タンパク質などの栄養素をバランスよく含んでいます。中でも注目したいのはビタミンB12で、その含有量は小さじ1あたり1.3μg。成人女性の摂取推奨量は1日あたり2.4μgなので、小さじ2杯で十分量のビタミンB12を摂取することが出来ます。

ビタミンB12は、牡蠣やレバーなどの動物性食品に含まれており、それらを摂らないヴィーガンの食生活ではビタミンB12欠乏症になる心配があるため、積極的に摂取したい栄養素です。また、高齢者は胃酸分泌が減少することでビタミンB12の吸収低下を引き起こすため、不足に気をつける必要があります。

ビタミンB12欠乏の救世主ニュートリショナルイースト

ビタミンB12欠乏症になると・・・

ビタミンB12欠乏症は、巨赤芽球貧血(赤芽球の分裂異常によって巨大な赤血球ができることによって生じる貧血)、疲労感、衰弱、便秘、食欲不振、体重減少などの症状が現れます。 詳しくはコチラ・・・『不足しがちなビタミンB12。大切なのは胃腸の状態!』

ヴィーガン子育てスタッフがオススメするニュートリショナルイースト商品

ここまで読んで、ニュートリショナルイーストがヴィーガンでの生活を送る際に、とても必要であることをご理解いただけたと思います。
でも、お店に行くとニュートリショナルイーストのメーカーはいくつもあって迷いますね。
いざ手に取るときに「味は美味しいの?品質は確かなの?」と躊躇されている方も多いのではないでしょうか。

まだまだ情報の少ないニュートリショナルイーストですが、ヴィーガン子育てスタッフが色々なメーカーのニュートリショナルイーストを口にして、胸を張ってお勧めできる商品が、Natshell社の『栄養酵母 ニュートリショナルイースト(Nutritional Yeast)です。

ヴィーガン子育てスタッフイチオシ商品「Natshell栄養酵母 ニュートリショナルイースト」

オススメの理由
その1人工添加物や調味料も不使用

イーストの中のビタミン、ミネラルは全て自然に生成されたものです。

その2Folic Acid(葉酸)が含まれていない

市販されているニュートリショナルイーストの多くは、ビタミンB強化のためにFolic Acid(フォリックアシッド/葉酸)が含まれていますが、『栄養酵母 ニュートリショナルイースト(Nutritional Yeast)』は含まれていません。

その3安全で栄養素たっぷりで味が美味しい!

以上のことから、私たちはNatshell社の『栄養酵母 ニュートリショナルイースト(Nutritional Yeast)をお勧めします!

おまけ:葉酸選びは慎重に。フォリック・アシッドはリスクを高める化学物質であることを知っていますか?

葉酸は、一般的に妊活・妊婦に効果・効能の高い栄養素として有名で、食品に含まれる天然のFolate*1(フォレイト)と合成された化学物質の Folic Acid *2(フォリック・アシッド)があります。

Folate*1(フォレイト) … 食品に含まれている天然の葉酸
Folic Acid*2(フォリック・アシッド) … 合成された化学物質

Folic Acidは、乳がんや大腸がんの発症リスクを高めたとする研究報告があるほか、妊娠中の女性が摂取することで、胎児の気管支の成長を妨げ先天性の喘息を発症させるとする事例が報告されています。

掲載協力:ヴィーガン子育てスタッフお薦めはNatshell社『栄養酵母 ニュートリショナルイースト』

ヴィーガン子育てスタッフオススメレシピ

栄養豊富なニュートリショナルイーストですが、「どうやって使ったらいいか分からない・・・」という方も多いのではないでしょうか?
シンプルに、粉チーズの代わりにパスタやサラダにトッピングしても美味しく召し上がっていただけますが、ヴィーガン子育てサイトでは、様々なレシピでコクを出すために隠し味としても使っています。オススメのレシピも多数掲載中です!
是非参考にしてみてください♪

☆ヴィーガンチーズ風ソース

まずは、シンプルなチーズ風ソースで日々の食事に取り入れてみてはいかがでしょう。
小さじ2杯ほどで成人女性の1日分の摂取量を補うことができます。
野菜につけてもよし、パン塗ってお好みの野菜をサンドしてもよし!万能なチーズ風ソースです♪

☆米粉のグルテンフリーVEGANピザ

ヴィーガンチーズ風ソースを使っての応用版です。
ヴィーガンピザなのに驚きの満足感を味わえます。

☆切り干し大根とキャベツのコールスロー

ドレッシングにニュートリショナルイーストを入れて、コクを出しています。

☆大豆ミートの3色そぼろ丼

炒り卵は木綿豆腐とココナッツオイル、ニュートリショナルイースト、ターメリックで完成♪

もっとレシピを見たい方はこちらからどうぞ。
ニュートリショナルイーストレシピ記事の一覧を見る

<ニュートリショナルイースト関連記事>


ヴィーガン子育て編集部

※現在、日本では「VEGAN」を「ヴィ―ガン」「ビーガン」の2通りで表記されていますが、意味は同じです。当サイトでは「ヴィ―ガン」で統一しています。

この記事がお役に立てたら
いいね ! で最新情報を手に入れましょう