高野豆腐のカツ

「高野豆腐」は木綿豆腐を凍らせ、乾燥させた日本の伝統的な食材で、鉄分、たんぱく質、食物繊維など栄養の宝庫です。揚げ物は、消化酵素が豊富な大根おろしと一緒に摂ることで、消化吸収を助けることができます。お好みで醤油やソースをかけてお召し上がり下さい♪

栄養成分(1人分)

エネルギー:256.3kcal
たんぱく質:13.4g
脂質:10.8g
炭水化物:23.8g
鉄分:1.9mg

材料(4人分)

高野豆腐
4枚(水で戻しておく※製品により戻さず使えるものもあります。)
400ml
醤油
大さじ2
みりん
大さじ2
しお
ひとつまみ
衣:米粉(水で溶く、小麦粉でもOK)
適量
パン粉
適量
米油
適量
トッピング用:大根おろし
(お好みで)

作り方

水、みりん、塩を火にかけ沸騰させる。

戻した高野豆腐は食べやすい大きさにカットする。

醤油、高野豆腐を鍋に入れて、落としぶたをして煮込む。

煮汁がなくなってきたら火を止めて冷ます。

冷めたら軽く絞って、水溶き米粉→パン粉の順番で衣を付ける。

少量の油で揚げ焼きにする。(高野豆腐は火が通っているので、衣に色がつけばOK。)

高野豆腐に味が染みるよう、前もって味付けをしておくのがポイントです。朝か昼に仕込んで、夜揚げると味がしっかり馴染んで美味しいです。

この記事がお役に立てたら
いいね ! で最新情報を手に入れましょう