低カロリーで栄養豊富な米麹甘酒の美容効果は?酒粕甘酒との違いもチェック

5回にわたって、砂糖の代用として使える、より栄養価の高い食品をご紹介するシリーズ、第1回はドライフルーツのデーツ(なつめやし)についてでしたが、第2回は甘酒です。

砂糖の代用品になる、ぜひ覚えておきたい食材5つ
1.ドライフルーツ デーツ(なつめやし)
2.甘酒
3.煮切りみりん
4.こぼれ梅(みりん粕)
5.羅漢果

<関連記事:【砂糖】そのイライラや疲れは砂糖の摂り過ぎが原因かも?

甘酒は、「酒粕に砂糖を加えて作ったもの」と「米麹を発酵させて作ったもの」の2種類があるのはご存じでしょうか?なんと、奈良時代から飲まれていたそうで江戸時代では夏バテを防ぐためにも夏の飲み物として親しまれていました。 

酒粕?米麹?どちらの甘酒がおすすめ? 

甘味料として使うなら、砂糖不使用」の米麹の甘酒を選びましょう。米麹から作られた甘酒は砂糖使用をしなくてもしっかり甘味があります。これは、米麹が発酵しデンプンが分解され糖(ブドウ糖)を作り出すためです。お米を噛めば噛む程甘くなるのと同じ理由ですね。

酒粕甘酒と米麹の甘酒 それぞれの特徴とは 

酒粕甘酒

酒粕とは、麹を発酵・熟成させ日本酒を精製した後に残ったものです。お酒を作る度に出来る副産物の酒粕に砂糖等で甘味つけて酒粕を産業廃棄物として処分することなく安価な甘酒として販売することができます。 

甘味をつける時に、「砂糖」ですらない「果糖ブドウ糖液糖」を使ったりローカロリーを謳う商品にありがちな人工甘味料を添加しているものもあるので、購入する場合は裏面の表示をしっかり確認しましょう。 

【米麹甘酒】

麹と蒸したお米のみを発酵熟成させ、麹の消化酵素によりお米のでんぷんがブドウ糖に分解されます。甘味の主成分が砂糖の「ショ糖ではなくブドウ糖なので飲む点滴とも言われています。

ただし、「飲む点滴」と言われているからと言ってたくさん飲んで良いわけではありません。 血糖値を上げる原因になるので、おちょこ1杯程度に留めたいですね。 

 

麹甘酒の栄養を見てみましょう! 

昨今ブームになった甘酒。麹甘酒の専門店もみかけるようになりましたね。 詳しい栄養をみてみましょう。 

① ブドウ糖 

おもに細胞のエネルギー源となります。身体を動かしたり脳を使う原動力になったりします。
 

② 麹菌由来の100種類以上の酵素 

タンパク質分解酵素である「プロテアーゼ
でんぷん分解酵素の「アミラーゼ
脂質分解酵素の「リパーゼ」など酵素が100種類以上含まれています。
 

酵素の働きを助けるビタミンやミネラル 

ビタミンB₁:体内で糖質がエネルギーに変わる時に必要になります。
ビタミンB₂:脂質・糖質・タンパク質がエネルギーに変わるのをサポート!
ビタミンB₆:タンパク質の分解や再合成に欠かせません。脂質の代謝もサポートしてくれます。
ビタミンB₁₂:アミノ酸や脂質の代謝をサポート!
葉酸:アミノ酸や核酸の代謝を手伝います。造血ビタミンとも呼ばれ特に妊娠されている女性には積極的に摂ってほしい栄養素です。
 

④ 必須アミノ酸 

体内では合成することが出来ない9種類のアミノ酸全てを含みます。
 

⑤ コウジ酸 

抗酸化作用が強く、活性酸素の除去メラニン色素の抑制に役立ちます。
 

⑥ オリゴ糖 

腸内で善玉菌の栄養源に。腸内の環境整備の役割を担います。便秘解消のお手伝いにぴったりですね!  

 

是非、日々のお料理やお菓子作りに取り入れてみてくださいね! 

ヴィーガン子育て編集部おススメ甘酒

マルクラ 玄米あま酒 250g
  • マルクラ
  • 価格   ¥ 301
  • 販売者 トゥモローフレーバー
クリックして今すぐチェック

いかがでしたか。最後に食材5つまとめましたので、普段の料理に取り入れてみてくださいね。

砂糖の代用品になる、ぜひ覚えておきたい食材5つ
1.ドライフルーツ デーツ(なつめやし)
2.甘酒
3.煮切りみりん
4.こぼれ梅(みりん粕)
5.羅漢果

ヴィーガン子育て編集部

※現在、日本では「VEGAN」を「ヴィ―ガン」「ビーガン」の2通りで表記されていますが、意味は同じです。当サイトでは「ヴィ―ガン」で統一しています。

この記事がお役に立てたら
いいね ! で最新情報を手に入れましょう